トイレ・キッチン・浴室など水周りリフォームのことなら北見タイル商会へ!!自社ショールームで公開中

 
ショールームに集まれ!!
トイレ・システムキッチン・システムバス・タイル トイレ キッチン キッチン システムバス 洗面化粧台 タイル
 

TOTOの歴史にふれる

  • 2017年10月24日(火)

先日、TOTO本社のある福岡に行く機会をいただき、衛生陶器の工場と
TOTO創立100周年記念事業として開設された、TOTOミュージアムを
見学してくることができました。

小倉工場は、最近話題のネオレストNXをはじめとする、大型の衛生
陶器を製造する工場のため、釉薬の塗布など、機械ではできない手作業
が多い工場で、製品ができるまでの工程を興味深く見学する事ができ、
改めてTOTOの技術力を認識する事ができました。

また、TOTOミュージアムでは創立100年の歴史が、当時の商品と共に
展示され、技術の進歩・時代の流れを肌で感じる事ができました。

ミュージアムでは、写真を撮影する事ができましたので、ほんの一部
ですが紹介させていただきます。

歴史1

1914年に国産初の腰掛式水洗便器の製造に成功し、1927年に製造された
現在でも洗浄方法の基本となっている、サイホンゼット式の腰掛便器です。
国会議事堂などで採用されていた、最高級の腰掛便器で、木製の便座と
ふたが、今ではない雰囲気をだしております。
当時は腰掛便器の使い方がわからず、便座の上に靴で上がり、しゃがんで
使用する人が多く、靴によって傷ついた便座も紹介されておりました。

歴史2 歴史3

1964年にホテルニューオータニに納入された日本初のユニットバスルーム
で、当時のものは現存しないと思われていましたが、ホテルで物置替わり
に使用されていたものが奇跡的に残っており、それをいただいたようです。
当時の東京オリンピックに向けた建築ラッシュでの工期短縮と、美観向上
に大きく貢献したようです。

歴史4

写真の紙巻器の右上に小さな金具がついていますが、何かお分かりでしょうか。
実はビンのふたを開ける栓抜きで、当時コカ・コーラが流行していたため、
取り付けたのではないかとの事でした。
現在でいう、スマホホルダーのような感じでしょうか。

歴史5

もうすぐ発売予定の舟形浴槽です。
ヘッドレストについた肩湯、体がふんわり浮き上がるジェットバスで最高の
リラックスができそうです。

歴史6

日本を走り回った、トイレバイクも展示されておりました。
後部についた旗がトイレットペーパーだったりと、細かい工夫がされて
おりました。

紹介しきれませんが、このように100年の歴史にふれ、TOTOのものづくり
への想いや製品の進化を感じ、現在私たちが、いかに豊かで快適な暮らしが
できているかを再認識できました。
TOTO特約店として、ひとりでも多くの方に快適な生活ができるように提案・
施工・アフターサービスができるよう努力し続けていこうと、改めて感じました。
 

  • 0件のコメント
コメント投稿

北見タイル商会お問合せ先
トップへ戻る