トイレ・キッチン・浴室など水周りリフォームのことなら北見タイル商会へ!!自社ショールームで公開中

 
ショールームに集まれ!!
トイレ・システムキッチン・システムバス・タイル トイレ キッチン キッチン システムバス 洗面化粧台 タイル
 

タイルの名称

  • 2014年10月31日(金)

最近はめっきり寒くなり、もうすぐ雪が降ってくる季節になってきました

今日はタイルという名称について説明します

広辞苑によると、タイルとは「壁または床などに張る、小片状の薄板」と説明されています。
広義にはプラスチック成型品なども含みますが、一般的には陶磁器品で建物の主として、外壁・内壁
および床に張る建材ということができます。

日本でタイルという呼び名が統一されたのは、大正11年のことです。東京上野で「平和記念東京博覧会」
が開かれた際、全国のタイル業者が集まり、この名称を用いることにしたと言われています。
それまでは、敷瓦、腰瓦、壁瓦、化粧楝瓦、貼付楝瓦などの名前がまちまちに使われていたといいます。

英語のタイル「tile」という言葉は、ラテン語のテグラ「Tegula」を語源としています。
テグラとは、屋根や壁などを「覆う」「被せる」「囲う」などを意味する動詞テレーゲ「tegere」の
名詞形です。
ちなみに、古代ギリシャではタイルのことを「ケラミス」と呼んでいました。この「ケラミス」という言葉は、
ギリシャ・アテネで古代に陶器が焼かれた場所の地名「ケラメイコ」に由来し、現在の「セラミック」
「セラミックス」という言葉の語源ともなっています。
ちなみに世界のタイル名称は表の様になっています。


 名称表 

  • 0件のコメント
コメント投稿

北見タイル商会お問合せ先
トップへ戻る