トイレ・キッチン・浴室など水周りリフォームのことなら北見タイル商会へ!!自社ショールームで公開中

 
ショールームに集まれ!!
トイレ・システムキッチン・システムバス・タイル トイレ キッチン キッチン システムバス 洗面化粧台 タイル
 

お風呂の豆知識

  • 2011年3月 9日(水)

3月といえば卒業シーズンですね。

しかし3月とはいえ朝方や夜なんてまだまだ寒いですよね。
雪まで降る始末…


わたくし、とても寒がりなので、家の中でもたっくさん着込んで
モコモコの靴下を履いて防寒対策バッチリです!!

いつになったら冬仕様から卒業できるのでしょうか…(^^;

 

さて、今日は寒い日のお風呂についての豆知識をご紹介します!


外から帰宅して、冷えた体のまま熱~いお風呂にザブン。

冷えた体が温まって極楽極楽~♪


実は!!
この入浴方法って危険なんです!

寒いまま服を脱ぎ、お風呂に入り、体を洗うなど体を動かすと
血圧はどんどん上昇します。

そしてそのまま熱~い湯船にサブン。

この刺激で血圧がピークに達した後、今度は体が温められるので
血管が広がって血圧は急降下します。

このように血圧が急上昇すると脳出血の恐れ
逆に血圧が急降下すると血液の流れが滞って
心筋梗塞や脳梗塞になる恐れがあるんです!

入浴時の血圧変動表

これらを防ぐには、体が冷え切っている時に入浴を控えるのはもちろん
脱衣所やお風呂の中を暖めておくと良いようです。

ヒーターを置いたり、浴槽のふたを開けておいてお風呂の中を暖めたり
あるいは洗い場にシャワーを流して床を暖めるだけでも効果はあります。


また、長い時間肩までお湯につかったり、たくさん汗をかくと
血液が濃くなり流れが悪くなるので、水分補給をしっかりすると良いでしょう。

 

些細なことかもしれませんが、健康の為には些細なことの積み重ねが大事です!


「気持ちの良いバスタイム」を
「危険なバスタイム」にしないように注意しましょう 

  • 0件のコメント
コメント投稿

北見タイル商会お問合せ先
トップへ戻る